【NZの川旅用】GOPRO HERO5 BLACK

GoPro買い換えた。

新しいカメラ「GOPRO HERO5 BLACK」を買った。1月末からのニュージーランドでは、「このカメラ1本で動画も写真も撮る」という場面もあるかもしれない。

HERO5 BLACKは昨年発売された最新モデルで最上位モデル。だけれど価格は前の最上位よりも安かった。

GoProは楽しい

以前使っていたGOPROは2万円ほどの一番安いモデル。ディスプレイがないのでどんな映像が撮れているのか全く判らなかったが、レンズが超広角なので大体の方向に向けていれば綺麗な映像が撮れた。

こちらは去年そのGOPROで撮影した動画。防水なのでどこでも取れるし、小型なのでどこにでも持っていける。13メートルの橋から川に飛び込んでも大丈夫!

そんなわけで、GOPROくんはお気に入りのカメラだったのだ。

しかし昨年、ニュージーランドの磯の上に置き忘れてしまい、翌日探しに行った時にはもう姿はなかった。

HERO5 BLACKにした理由

今回、ニュージーランドの川を下ることになって、やはり動画カメラは不可欠だろうと思った。

また一番安いのを買おうかとも考えたが、次の理由からHERO5 BLACKを選んだ。

  • GPS機能が付いている。未知の川で記録を残す際、GPS情報は貴重な記録になるはず。
  • 「GOPROビデオスタート!」などと話しかけると撮影を開始してくれるらしい。従来のGOPROでは、自分から離れた場所で固定して撮影する際、動画の前後にボタンを押す自分の姿が映ってしまっていたのだ。こればかりはしょうがないと思っていたが、解消されるなんて。
  • 画面端の歪みを補正して直線的にできるリニアモードがある。次のニュージーランドの旅は、少しでも荷物を減らしたいハイキング&パックラフトの旅なので、このHERO5 BLACKだけで写真の記録もできないだろうか。
鮮やかな映像が撮れる。静止画も十分。

さて、届いたものがこれ。スタイリッシュでカッコいい。

 

上記に触れたように記録用の写真もこのカメラ1台でできないかと考えているので、写真を試し撮りしてみた。

画像がこちら。比較用に上がFUJIFILMのX-T1、下がHERO5 BLACKだ。

 

X-T1

HERO5 BLACK(狭角モードに設定)

拡大してみるともちろんX-T1の方がきれいで、HERO5 BLACKには若干のノイズがあるのだが、色は綺麗に出ている。

ズームはできないから、写真撮影が目的の旅ならX-T1を持っていくだろうけれど、手荒な川下りの旅だし「HERO5 BLACK1本」の場面もありそう。

 

<Sponsered Link>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA