ユーコン川をカヌーで下る③ カヌーを予約

要約

  • カヌーの予約はオンラインのフォームで可能
  • 4月下旬に予約した
  • 7、8月は繁忙期なので早めの予約が吉
カヌーピープルでカヌーを予約

4月下旬、野田さんと旧知の「カヌーピープル」http://www.kanoepeople.comでレンタルを予約した。

カヌーピープルはホワイトホースの中心部かつユーコン川のほとりに店を構えている。

レンタルのパターンと料金

ホームページには、レンタルカヌーでユーコン川を下るいくつかのパターンが紹介されていた。
例えばこんな感じ

  • ホワイトホースからカーマックス、320キロ、8日間で225カナダドル
  • ホワイトホースからドーソンシティ、736キロ、16日間で375カナダドル

サイトには日本語のページもあって日本語での予約も可能のようだったが、これから英語圏を旅することを踏まえて英語で問い合わせてみた。

メールのやり取り

✉︎4月24日 僕からKPへ
「7月半ばから8月上旬まで16日間のカヌー旅を計画しています。正確な日程はまだ決まっていません。あなたの会社でカヌーをレンタルしたいのですが、予約の状況はいかがですか。予約は急いだ方が良いでしょうか。」

✉︎4月26日 ガスという男性から僕へ
「7月中旬にカヌーをレンタルすることができます。7、8月は繁忙期なので、日程が決まりしだい早めに予約することをお勧めします。」

メールには、川旅に必要な道具とレンタルできる道具のリストが添付されてきた。僕が持って行った道具はほぼこのリスト通りになった。レンタルできる道具のリストには、バーナーなどのキャンプ用品からナタ、防水バッグなどが並んでいた。

僕は16日間の日程で、カナディアンカヌーをレンタル。カナディアンは経験がないが、いかにも船らしい見た目に憧れていた。船長の気分が味わえそう。

後から知ったことだが、ガスさんはKPを退職したおじさんで自宅で予約やメールのやりとりを担当しているらしい。

すぐに日程を決めて、サイトの応募フォールに必要事項を記入。4月下旬に予約が確定した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA