ユーコン川をカヌーで下る④ ユーコン川できく旅行保険

要約

  • モンベルが取り扱う富士火災の海外旅行保険はユーコンでも対応しているとのこと
  • 契約される際は要確認

万が一事故して死んだとしても、家族に遺産くらいは残したい。とはいえ、普通の海外旅行保険はユーコンの川旅に適応されるんだろうか。クマにがぶがぶかじられながら「保険は…」などと考えるのは嫌だと思った。

モンベルの友人で川の学校リーダーのやっぴーが過去に保険を担当していたので、問い合わせてみた。

彼が紹介してくれたのは、モンベルの系列会社ベルカディアが代理店の富士火災の海外旅行保険だ。

しかし1点気になった。

契約にあたって質問される「旅行中に危険な職業・職務に従事されますか?または危険な運動を行う予定はありますか?」という項目だ。

「危険な運動」とは別項でこうある。

「山岳登はん(ピッケル、アイゼン、ザイル、ハンマー等の登山用具を使用するもの)、リュージュ、ボブスレー、スカイダイビング、ハンググライダー搭乗、超軽量動力機(モーターハンググライダー、マイクロライト機、ウルトラライト機等)搭乗、ジャイロプレーン搭乗、航空機操縦、自動車等の乗用具による競技・競争・興行・試運転、その他これらに類する危険な運動をいいます。」

この「その他これらに類する危険な運動」に、ユーコンの川下りは含まれるのだろうか。

書かれてた電話番号に問い合わせてみると、モンベルの本社につながった。担当の方に旅の概要を伝えると、「確認してみます」とのこと。数時間後に返答があり、「その時期のユーコン川でしたら、危険な運動には当たりません」と回答してくれた。(※実際に契約される方は各自確認を。

保障内容は傷害死亡3000万円、傷害後遺3000万円、治療救援費用3000万円などだった。23日間保険料14890円で、後日契約した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA