ユーコン川をカヌーで下る⑫ 旅の中間点・カーマックス到着(7月23日)

キウイはユーコンでも裸足

朝、出発の準備をしていると2人の男女が訪れた。彼らはニュージーランド人で、男性は裸足、女性はサンダル。キウイはこんなところでも靴を履かないのか…。

この日は、カーマックスまで辿りつきたいと思っていた。ツーリング中にアクセスできるほぼ唯一の街だ。

雨でも大活躍のバックパック


ちなみに持って行ったバックパックは街でもいつも使っているMissionWorkshopのFitzroy。開口部が大きく、しかも雨や水しぶきなど、上方向からの水は中に入らないので、沈を全く予定していない僕の川旅(ここ重要)では大活躍だった。主にカメラなどを入れた。

ビックサーモン合流 久々の人工物

昼過ぎ、向かいの斜面に電柱と電線が見えた。

「水曜どうでしょう」のユーコン編のラストと全く同じ光景だ!久々の人工物。カーマックスも近いに違いない。

ビッグサーモン川との合流地点には無人の新しいロッジが数棟もあり、泊まっても良さそうだった。旅する人はぜひご参考に。

目的地 カーマックス

しかし、ここからが長かった。水曜どうでしょうの一行はこのビッグサーモン川合流地点付近でゴールしている。

しかもここで雨が土砂降りの雨がやって来た。この雨で進むべきか、迷った。

そして場面は、このユーコンの記録で冒頭に書いた場面に戻る。

コールマインキャンプ場 ハンバーガー

午後9時過ぎにカーマックスのコールマインキャンプ場についた。

びしょ濡れになりながら、重いカヌーを引き上げて荷物を運び、午後10時の閉店ギリギリに念願のハンバーガーを食べることができた。

そして温かいシャワー!幸せだ!思わず深く息をついた。人生で浴びた最も気持ちが良いシャワーの一つだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA