リース川、パックラフト大活躍の川ではあるが….

グレンノーキー北部にあるリース川に行ってきました。

ここは友人が「一番おすすめ」と話すトレイルの一部です。そのトレイルはワカナ方面から峠を越え、ここグレンノーキーに至るものです。

ワナカ方面からクイーンズタウン方面まで峠を越えて行けるなんて素敵!今回僕は車持ちなのでそのトレイルはパスしましたが、その一部であるリース川をパックラフトで行くことはできないか、と言う可能性について調査してみたのです。

その結果ですが、まあこれが大変だった。やや水が多い時期であったこともありそうですが、トレイルは沼、沼、沼。靴はズブズブになり、体の節々を痛め、ヘトヘトになりながら川下りのスタート地点にたどり着きました。

川は2日に分けて調査。歩いて3時間半かかった部分はたった2時間ちょいですんなりと漕ぎ下り、パックラフト最高!と実感。

一方、リース川の河口付近では、川が迷路のように分かれていき、過去のマップとも形状が変わっていたため、途中でブッシュをやぶ漕ぎする羽目になりました。これもほとほと疲れた。

ですがやはりこのトレイルとパックラフトはかなり相性がいいのではないのかと思います。トレイルですれ違う人が「それ(パックラフト)があったらだいぶ早いんじゃないか」「僕も船があったらなあ」などと言ってましたので、みんな沼には辟易していたんでしょう。

もうしばらく歩きたくもないし、川を下りたくもありません。北へ向かいたい。

今日からしばらく雨なので休養です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA