マーチソンはカヤックの街

車検に通らないことがわかったセフィーボロに乗って最後の旅に出ています。
期限は3月11日。それまでの約2週間にウエストコーストからネルソン一帯へと巡るプランです。

ウエストコーストのタラマカウ川を下ってから、金鉱の街リーフトンへ。そこからマーチソンという街に向かう途中で道端にカヤックを積んだ車が10数台停まっているのを見つけました。ここを流れるブラー川がカヤックのメッカだということは知っていました。

「それにしてもすごい数だ。しかしなんでカヤックを積んだままなんだろう。下り終わったのかな」

そんな疑問を持って河原に降りていると、ラフティングの大会をしているのでした。

その場にいたキウイに大会のことを聞いていると「日本のチームも来てるよ」とのこと。なんと今年吉野川で開かれる世界大会に出場する、というか世界大会の常連チーム「チームテイケイ」でした。

僕は昨年度、記者の仕事でラフティング世界大会についての県側の動きを担当していたのでした。なんたる偶然!

また他の日本人も観戦していて、彼らは北海道から来たカヌー部の大学生でした。数日後、一緒に漕ぐことができました。お世話になりました。

マーチソン周辺はマルイア川の滝落でも有名です。

その日からはカヤック関係者御一行が宿泊しているRiverside Holidayparkに宿泊。キャンプ場中カヤックだらけというすごい場所!

数日間、ブラー川を下ったり、カヤックのスラロームの大会を観戦したりして過ごしました。

 

しかしなんだか体に疲れが溜まっていたようで、体がだんだんと重くなってきました。
昨日、ネルソンにも行きました。とても綺麗な街でした。でも滞在しようという気になれず、またこのキャンプ場に帰って来たのでした。

そろそろクライストチャーチに帰ろう、と思っています。
でもその前に最後に下りたい川、フルヌイ川へ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA