#5 Taramakau River 豊かな森がつくりだす美しい川

【パックラフトと巡るニュージーランド】

コースト・トゥ・コースとというレースがある。
南島の西海岸から東海岸まで、ロードラン、自転車、トレイルラン、カヤックなどを組み合わせた243キロのレースで、「複合スポーツにおいて世界で最も距離が長いランニングレースの一つ」(同大会ホームページ)だという。

コースは大まかに説明すると、西海岸からタラマカウ川を遡上してアーサーズパス国立公園の峠を越え、ワイカマリリ川沿いを下って東海岸に至る。

今回、僕が降ったのはレースでは自転車に乗って横を通り過ぎるだけのタラマカウ川だ。

この川を選んだ理由は水量の豊かさと穏やかさにあった。
2月26日、僕はアーサーズパスの峠を超えてウエストコースト地方に入った。その時、このタラマカウ川の河原がとても広く、豊富に水を湛えていることに気がついた。恐ろしい瀬があるような雰囲気でもない。ちょうど、地元の吉野川に近い雰囲気を感じた。

もう一つ気がついたのが、河口付近に近づいても山に森が多いということだった。どこまでも草の丘が連なる東海岸側とは異なる雰囲気だった。森と川の関係があるのかもしれない。

河口付近の街・クマラから中流のジャクソンズまではバスが出ていた。ホキティカのインフォメーションセンターで予約した。価格は10ドル。

下る区間は推定45キロ。以前下ったエグリントン川の場合、推定50キロを2日間だったから、今回もキャンプすることになるだろう。食料、水、浄水器、テント、寝袋、マットレスなどをバックパックにつめた。クリーンカンティーンの水筒にはワインがほぼ1本入った。なぜそんなに酒がいるのかって。酔わないと1人のキャンプは怖くて眠れないからである。そんな恥ずかしいことはいわせないでいただきたい。あ、聞いてない?

ここに来る途中、DOC(政府観光局)に河原でのキャンプについて確認した。国立公園では指定の山小屋やキャンプ地に泊らなければいけない。では国立公園以外ではどうなのか。

まず、川の両岸にある草原などにテントを張る場合、そこは個人の土地であるため、十分な「配慮」が必要とされる。川原は日本の一級河川と同じで国の所有となるそうだ。許可は特にはいらない。すなわち、十分な配慮の元なら、キャンプはできるということだ。

ただし、キャンプ地が道路沿いとなると、法律の関係上問題が出て来そうだ。これについてはまたの機会に考察する。

DAY 1

ゴールとなるクマラの河原近くに車を駐車。10分歩いてバス乗り場へ向かった。午前8時すぎ、バスがきて僕を拾った。晴天。

バスは川沿いを約40分進み、停車した。そこはジャクソンズにある国道の分かれ道だ。一方の道路はタラマカウ川を渡る橋に向かっているので、5分も歩けば河原にたどり着く。小石が敷き詰められた広い河原。水は透き通った水色だ。

いつも通りサンドフライと格闘しながら準備を済ませ、10時45分に出発した。川底の石が宝石のように輝いていた。チャラ瀬はあるが、落差があるような瀬はない。倒木などのストレーナーもない。ただひたすらに美しい川が続いた。

フライの道具一式を持っていたので振ってみたが、釣り以前にキャスティングがままならないので早々に諦めた。

午後1時、気づけば工程の半分近くまで進んでいた。思ったよりも早い。
確かに、バスを降りた時に思ったのだ。「いくら速度を100キロ出せるニュージーランドの道でも、30分の距離のパドリングに2日間もかかるのか」と。

結果を言ってしまえば、この日の午後4時にはゴール地点にたどり着いてしまったのだ。というわけで実はこの川旅、DAY2は無い。どんな計算違いだよ。

ただひたすらに美しい川が続いた。いつまで下っても、川底が見えるほど透き通っていた。
景色が一変したのは河口すぐ手前、ゴールの直前だ。左岸側に発電所があった。支流のダムの水力でタービンを回し、ここで水を排出する。水の排出地点は強い瀬になっていた。浅場を通って迂回したが、その下流の水は茶色くにごり、ひどい水質になった。

ゴールして高台からその部分を見てみると、「黒と透明」といっていいほど色が違った。極端な例であるが、ダムがどれほど水質を変えるのがよくわかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA