ニュージーランドの海釣りは「ぶっ込み」がトラディショナル

nzdaisukiに書いたのですが。

情報サイトNZdaisukiにて2度にわたってニュージーランドの海釣り事情について書かせていただきました。

ニュージーランド流の海釣りってどんなの?基本形を紹介します。

多くの魚が釣れる「サビキ釣り」とニュージーランドの撒き餌を紹介

しかし振り返ってみるとかなり内容がごちゃついていて、お恥ずかしいことになってます。

「初心者でも経験者でもわかるように、ニュージーランドの釣り用語を日本の釣り用語に置き換えつつ、釣り方を説明する」という方向を目指したわけですが、まとまりきらずにアイデア倒れな感じです。

言い訳っぽくなりますが、ニュージーランドの海釣り(ショア)事情をまとめ直してみます。

ウキは売られてない。だからみんなぶっ込みで釣ってる

ニュージーランドにはウキはほとんど売られていません。
それではみんなどうやって釣っているかというと、シンプルにぶっ込んでいます。

こちらの釣りの専門書ではSurf casting と呼ばれてます。
サーフキャスティングと聞くと、日本人ならジェット天秤とイソメをイメージすると思いますが、こっちにはジェット天秤もイソメもないです。
シンプルなオモリとでっかい釣り針、イワシなどの餌(後述)でやるので、ぶっこみ釣りという解釈がしっくりきます。

釣れるのはカウアイ(サバとボラの中間みたいな魚)やタイなど。シマアジが釣れる場所もあるみたいです。

ウキで釣りもありますが、風船をウキにしてキングフィッュ(ヒラマサ)を釣るやり方です。餌は生きたカウアイ。あんまり手軽な釣りではありませんね。

詳しくはこちらの番組をどうぞ。

オキアミはない。イワシかイカがメジャーなエサ

オキアミは売られているのを見たことがありません。タイもイワシやイカで釣ります。

餌のイカやイワシはガソリンスタンドでもよく売られてます。大きさは15〜20センチくらい。切って使った方が良さそうなサイズですよね。

でも、専門書では1匹まるまる付ける方法を主に説明しています。針を2本使って固定。イラストを書き写してみました。

でも僕はやっぱり切って付けます。あるのかもしれないけど、イワシを丸々飲み込むサイズの魚がうじゃうじゃしてる場所は、そんなにはないと思います。

コマセはイワシなどのミンチ。Berleyと呼ばれている

コマセもガソリンスタンドなどで売られてます。ニュージーランド流では、この袋にナイフでいくつもの切れ目をつくり、ネットに入れて海に投入。切れ目からじわじわ中身が出て行く仕組み。

ローカルがペットボトルをウキに付けていたので、僕はそれに習いました。ペットボトルなしでやった時には、タコが寄ってきました。

エギやルアーは案外手に入る

ショアのルアーも流行ってきているみたいです。
エギは案外売られてますし、ショアジギング用のジグ・コルトスナイパーなんかはけっこう見かけました。
10年前はなかったなあ。

イカの魚影はけっこう濃かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA