さよなら南島 / 人生最恐!死ぬほど辛いソースに出会う。

お手伝いしていた友人家族の引越しが終了したので、南島への生活を終えて、北島へ来ました。
11日まで滞在して、日本に帰国予定。ニュージーランドにいつ戻るかは未定です。
北島で何をしようかな。

さて、昨日は友人家族と最後の夜だったので、ビールとメキシコ料理で祝いました。
友人は唐辛子マニアである友人がニヤニヤしながら取り出してきたのは、「Da’ Bomb」というソース。

「本当に危険だから少しだけ舐めてみな」と言われ、そもそも少しも舐めたくはなかったのですが、1mg(推定)だけ舐めてみたのです。

「ギャーーーーーーーーーーーーーー!」
口の中が燃える!昔、「Sudden Death Sauce」というのを食べたことがあったけど、それより辛い気がするぞ。

「多分、人生で食べた中で一番辛い気がするよ」というと、彼はまたニヤニヤしながら「Mega Death Sauce」というソースを持ってきました。
「さあ兄弟!次はこれだ!ビビってるんじゃないよ!」

牛乳で辛味が緩和されてきた気がしていたので、調子に乗って今度は3mg(推定)いただきました。
「ギャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!」

痛い、口の中が痛い。少しでも空気に触れると痛い。牛乳を含んでもしばらくすると痛い。涙が、目に、浮かぶ。
最恐、最恐。さっきより酸味が強くて可愛げもない!

説明を読んでみると「普通のハラペーニョの500倍の辛さがあります。たった一滴でも究極に危険だよん」的なことがあるではないですか。

「ぎゃははは!いやあこの唐辛子は10年持ってるんだけど自分では使う気にならないから減らないんだ。クレイジーなキウイに恐ろしい唐辛子を食べされられたって書きな!」

書くよ!

引越しも無事終わり、一時期的な経済的危機は脱したその友人家族ですが、まだまだ色々な困難が予想されます。
ほとぼりが冷めるまでは書きませんが、いろいろ考えさせられた1ヶ月でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA