#8 Waikato river 川を下って温泉へ行く

【パックラフトと巡るニュージーランド】
12年ぶりのタウポ

パックラフトの旅は終えて日本に帰る予定が、航空券の関係で北島に1週間ほど滞在することになった。
大都市オークランドにいては気が滅入ってしまいそうなので、地方に行くことに。
12年前の高校時代、初めてのバックパッキングで訪れたタウポを選んだ。

旅に憧れていた高校時代、留学エージョントさんにも手助けしてもらっての1人旅だった。そのことをタウポのインフォメーションセンターの人に話したら、「高校生の一人旅は今はもう無理だろうねえ。安全の問題が多すぎるわ」とのことだ。

さておき、バックパックを担いでタウポにやってきた高校生の僕。格安のカヌーツアーに参加してワイカト川を下った。ツーリングは素晴らしかった。透明な水、森に囲まれ蛇行する美しい景観、なだらかな川。

だがそれ以上によかったのは川辺に温泉があったことだ。自然の温泉が流れ込んでいて、バックパッカーの溜まり場のようになっていた。その自由な雰囲気がよかった。

記憶では3日ほど滞在したと思うが、僕はその温泉にほぼ毎日通って、川を眺めてのんびりした。

あの温泉にまた行きたい。そう思ってタウポを再訪することに決めたのだ。

1時間弱のプチツーリング。温泉は相変わらず素晴らしかった。

ワイカト川はタウポのほぼ中心部から流れている。
幹線道路が通る橋の辺りに公園があるので、そこでパックラフトを膨らませた。

川に至るまで数メートルのブッシュがあった。多少強引に突破。しかしかなり固い植物のトゲに擦られてしまい、その後、漕ぎながら若干空気漏れを起こしてしまった。

ワイカト川のこの部分は水量が多く、ほとんど瀬がない穏やかな川だ。とはいえ、この数キロの部分の話であり、すぐ下流にはこの水を全て集積して吐き出すフカ滝があるのだが。

(写真)フカ滝。決してここまで行かないように!

タウポバンジーがある巨大な岩壁を通過し、森に囲まれたエリアを行った。
北島の川は南島とはやはり様相が違うように感じる。具体的には周辺の植物だ。なんとなくだが、マオリの模様に象徴されるシダ系植物の存在感を強く感じるのだ。

スタートから1時間も経たずして温泉に着いた。
この川辺の温泉は2つの支流で流れ込んでいる。片方は2段の湯船になっているのだが、この日は湖直下の堰からの放水量が多く、上の段近くまで水があった。

12年前と同じく、この日もバックパッカーで溢れていた。湯も相変わらずいいお湯で、のんびり過ごした。

そこから数百メートル下ると左側にキャンプ場がある。
タウポまでバスで行き、ワイカト川を降って温泉に入り、キャンプ場でテントを張って宿泊。そんな旅もいいかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA