山用のカメラバッグ パーゴワークスのSwing Lを買ったけど、Peak designのField Pouchに変えた。

カメラを持ち運ぶのに、どんなバッグがいいのか考えていたんです。
コンパクトで、気軽に持ち出せ、山にも持って行けるデザインを探していました。

僕のカメラはフジフィルムのX-T1。

結局、インターネットでパーゴワークスのSwing Lを買ったものの、使わずにPeak designのField Pouchを注文。気に入って、それを使い始めました。

Swing Lのサイズ感

最初に選んだパーゴワークスのSwing。インナーを入れればカメラバッグになるというバッグです。

チェストバッグになる構造は山歩きにはぴったりだし、単体でショルダーバッグとしても使える。素晴らしいデザインです。

ただ、買ってみて思ったのが、カメラのインナーバッグがしっかりしすぎていて、容量以上にかさ張る気がするんです。
それと、ちょっとカメラを入れるのがちょっと窮屈で、出し入れしにくい印象がありました。

ちょっと窮屈かな。

カメラはすごく大事にできると思うけど…そこまでのプロテクションは僕は求めてない。
カメラ好き失格でしょうか?その議論は置いておくとして。

Peak Designがカメラバッグを出しているのを知らなかった。

そうしてSwingは使わずに、新しいバッグを探し始めたのですが、近年Peak Designがカメラバッグを出していることに気がつきました。

Peak DesignはストラップのSLIDECAPTUREを愛用していて、そのアイデアと完成度の高さから大好きなメーカーでした。

特にSLIDEは「こんなストラップが欲しかった!」というシンプルかつ、充実した機能があるストラップです。

そのピークデザインのバッグですが、大小、形状様々なものがあります。
正直、どれもほしいと思わされるアイデアとデザイン。

話が逸れてしまいそうなので戻すと、その中から僕ら選んだのが最も小さいField Pouch。これはカメラバッグではなく、アクセサリ入れというカテゴリです。

僕にとってよかったのが、ストラップのSLIDEとホルダーのCAPTUREを流用できること。
SLIDEを使えばショルダーバッグになる!

ただ商品説明には「ミラーレスカメラも入る」と書かれています。
商品説明の動画を見た感じでは、T-X1もなんとか入るんじゃないかなと思いました。

The Field Pouch is an expanding pouch for cords, accessories, batteries, hard drives, and even mirrorless cameras and lenses.
Peak Design – Field Pouch

SwingとField Pouch サイズ感の比較

こちらが届いたField Pouch。

T-X1を入れてみました。他のアクセサリーなし、レンズフードなしならすっぽり入ります。

バッテリーグリップ付きも、分解したら入ります。

SwingとField Pouchを並べて見ました。
Swingが一回り大きいくらいです。

大きな違いは厚さ。
Swingの方が立体的です。

この厚み分が、プロテクションと幾らかの収納力の違いでしょう。
Field Pouchにはあまりプロテクションを期待してはいけない気がします。

Field Pouchの強みは汎用性

結果、僕はField PouchとCaptureの組み合わせを選びました。
僕の視点では「Swing vs Field Pouch」は、「安全性 vs 汎用性」ではないかと思います。

「Field Pouch + Capture」の強みは

・収納力は劣るが、Caputureを使うことで外部にカメラをつけられる。
・登山中、体の前面にカメラを固定したい場合、Caputure単体で使えばいい。
・普段カメラで使用しているSlingを組み合わせられる。
・ショルダーバッグとしてでもデザインがかっこいい。
・薄くて非常にコンパクトである。

逆に「Swing + インナーバッグ」の強みは

・クッションが十分にあって、カメラを守りやすい。
・チェストバッグとして使える。
・収納力がより大きい。

だと感じます。

ご参考ください。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA