ユーコン川 カヌーツーリング終了後の交通手段まとめ

 

 

カヌーの旅は基本的に上流から下流への一方通行なので、ゴールしてからの交通手段が問題になる。

そんなわけでここでは、ツーリングを終えたあと、カーマックス、あるいはドーソンからホワイトホースに戻る手段をまとめたい。

まとめるといっても、そもそもそれほど選択肢はないのだけど。

※借りていたカヌーは指定の場所に置いておけば回収してくれる(回収費が必要な場合もあり)。

カーマックスからホワイトホース
路線バス

僕が知る限り、Husky busの一択。

毎日運行ではないので、予定を組む際に注意が必要。
ホームページで「schedule」ページに進むと、カレンダーに「Northbound」と「Southbound」が表示されている。
ホワイトホースに戻る路線はSouthboundだ。

2017年の場合、午後4時ごろにカーマックスを出発、運賃は82.95カナダドルだった。

川辺のキャンプ場「colemine camping ground」でのピックアップを希望の場合は、事前に連絡が必要となる。

カヌーレンタル会社のピックアップ

一人では高額すぎるが、人数が多い場合はこちらも選択肢になる。
割り勘にすれば、リーズナブルな価格になるようで、今年下った友人6人組はカヌーピープルでピックアップをお願いしたそうだ。

ドーソンからホワイトホース
バス

上と同様、Husky Busが運行している。
ホームページによると、2017年は価格は109カナダドル、出発時間は正午発となっている。

飛行機

ドーソンには小さな空港があり、Air Northがホワイトホース行きの飛行機を出している。

2016年に利用した時には片道130カナダドルと、リーズナブルだった。

街中から空港までは、こちらもHusky Busがバスを出している。

ちなみにHusky busの事務所はドーソンの街中にある。(地図)

空港までのバス料金については記録を紛失してしまった。

カヌーレンタル会社のピックアップ

上のカーマックスからの部分と同様。
しかし、こちらには2016年の時に問い合わせた時の情報が残っていた。
バン1台が1410カナダドルとかなり高額。
6人以上なら選択肢か?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA