#1 Hollyford River 初の流水パックラフト

【パックラフトと巡るニュージーランド】
ホーリーフォードはすごい渓谷だった

フィヨルドランド国立公園を流れるエグリントン川を横目に見ながら車を走らせた。途中で「グレートウォーク」の一つルートバーントラックの入り口を超えると、道路は急に下り坂になった。目の前には壁のような岩山がそびえ立っていた。

それまで見ていたエグリントン川はとても紳士的で、流量もほどほどで、一言で言えば感じのいい川だった。目指すホーリーフォード川も「こんな川ならいいな」などと考えていたのだが、谷底まで下りた時に想像は打ち砕かれた。「なんだ!完全なホワイトウォーターじゃないか!」

ホーリーフォード川上流

狭い川幅、連べ打ちのように続く瀬、大きな波、ホール。水はエメラルドブルー。
ポリ艇とスプレースカートを持っていたら喜んで入水したいところだが、残念ながら持っているのはオープンデッキのパックラフトだ。入水は御免被りたい。

川の流量や障害物、河原の様子などは地図を見るだけではわからない。百聞は一見にしかず、である。だからこそ僕の旅には意味がある(と信じたい)。

この荒く、美しい区間は、ニュージーランドのホワイトウォーターカヤッカーにとっては「Premier run」なのだそうだ。ここは予定通りパスして、車で約30分下流にあるホーリーフォードトラックの入り口まで向かった。

ホーリーフォードトラック

ホーリーフォードトラックは川沿い、湖沿いを歩き、海に至る片道5日のトレイルだ。これに海岸沿いから丘を越えパイク川を下るトレイルを組み合わせると1週間超のサーキットができる。このコースはPackrafting NZというウェブサイトで募集されているパックラフティングのコースだ。

昨日、クイーンズタウンのDOCを訪れるまでは、同町北部のThe Ree Valleyという渓谷を目指す予定だった。しかし2日後に強い低気圧が迫っていることを知り、日程調整のために3時間離れた街ティアナウに来た。街で低気圧をやり過ごそうかとも思ったが、時間が勿体無いのでさらに2時間半離れたホーリーフォード川へと漕ぎに来たのだ。午後から雨の予報だが、少しは漕げるだろうと。

練習がてらのショートトリップ

トレイルのスタート地点からは比較的穏やかな流れのようだった。河原も広い礫(小石)なので、ちょっと下って歩いて帰ってもこれそうだった。

初の流水パックラフト。スタート直後に波があるので、そこでいきなり沈というシナリオも考えられたが、思ったよりパックラフトは安定性があるようで難なく乗り越えた。ただ少し下流の大きめの波を受けた時には、水がだいぶコクピットに溜まった。またウェーブでサーフィンして波に捕まった時にはコクピットがバスタブのようになってしまった。静水用パックラフトなので仕方がない。

ほぼ未開発の国立公園内だけあって、冗談のように川を横切って倒れている倒木など、ストレーナーは多い印象だった。先をしっかりみて進まないと危ないことになりそうだった。

帰りは河原を歩き、フェリーグライドで川を横切り、エディラインをこぎ上がってを繰り返して駐車場に戻った。フェリーグライドなどは中学3年生の時、川の学校でモンベルの辰野さんに教わった。その技術をこのニュージーランドで、そして同社の支援で割引頂いたこのパックラフトで使うとは。

行って帰って2時間ちょいの小旅行だった。ただパックラフトの動きのくせがわかったほか、何より「ホーリーフォードトラック沿いはパックラフトで行けそう」というのがわかったのは大きかった。

ホーリーフォード川、パイク川のサークルは前述の通り、現地の会社がパックラフトのツアーをやっているのと、今回の旅では時間がかかりすぎるのでパスした。

帰り道、エグリントン川がやはりいい感じなので詳しめにリサーチしてティアナウに帰った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA