ハイエースの内装を剥がす。

 

ボロボロのハイエース(レジアスエース)を購入した私。
キャンパーバンにする前に、諸々さびさびの部分の補修や車の整備から始めねばなりません。
まずは内装を剥がしていきます。

荷室マットの取り外し

まずはいくつかのネジを抜き、フロアマットを取り除きました。
結構なホコリが溜まっていました。薄くだけど、サビもちらほら。
はきだして、拭き掃除。

荷室の真ん中あたりにハッチがありました。後から調べてみると、燃料タンクの点検用とのこと。

開けてみると….

ぎゃー!覚悟はしていたけど、サビだらけ!
新潟で活躍していたというマイレジアス。融雪剤、おそるべし。

荷台の最後部にある穴にレンチを入れて緩めると、格納されているスペアタイアを外すことができます。

出てきたスペアタイアは….

ぎゃー!!!!!
こんなタイヤ見たことないよ。

内張の取り外し

次に荷室の内張をはがしていきます。
内張剥がしをピンの隙間に差し込んで、テコの原理で。

僕はネットで安いプラスチック製の内張剥がしを注文したのですが、作業していて気がついたのはやはりしっかりした金属製のやつがいいのではということです。
プラスチックでは先の部分が柔らかくて内張のピンの隙間に入りにくいです。ピンは結構あるから…大変。

屋根の内張は外し方が少し違います。
まずはルームランプの取り外し。
まずこの部分にドライバーを入れるとカバーが外れます。
手元にドライバーがなかったので、僕はナイフでやりましたが。

中にはネジがいくつかあるので、それを外すとルームランプが外れます。

次にピンを取り除いていきます。真ん中にボタンみたいなのがあって、それを押すとロックが解除されます。
解除されたら、内張剥がしでもいいし、ちょっと頑張れば手でも取れます。

レジアスくんはこんな感じになりました。

ここからはサビとの戦いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA